日本最大級のガールズポータルサービス

ユーザーサポート内検索

規約とルール

小説を読む前に

小説を読む上で気を付けるべきことになります。
著者に連絡する前に、まずは以下を確認して下さい。

1.小説を読んでいたら、誤字や脱字がありました。

  • 小説では、誤字・脱字、つじつまの合わない表現がある場合があります。
  • 出版されている小説と違い、編集者が内容を確認することなく公開していますので、著者の注意が行き届かないこともあります。
  • そんなときは、私書箱等で著者に教えてあげて下さい。
  • しかし、度を越えてあれこれ注意することは、著者に嫌な思いをさせてしまいます。
  • 節度をもってアドバイスをしてあげて下さい。

2.読んでいる小説がなかなか更新されません。

  • 小説は執筆途中で公開することが多くあります。
  • 更新が遅れたり、途中で著者が編集したり書き直す場合もあります。
  • 魔法のiらんどの著者はプロの作家ではありません。
  • 学生や仕事をしている場合が多いので、更新が遅れた場合は、急かさずに、じっくりと待ってあげて下さい。
  • 更新を急かされることがプレッシャーになる場合もありますので注意して下さい。

3.小説はプロの著者が書いているのですか?

  • 魔法のiらんどのBOOKに書かれた小説は、プロの作家が書いているものではありません。

4.これって盗作?

  • 好きな著者の作品に似た作品に出会ったとき、これはもしかしたら盗作(著作権侵害)なのかもしれないと思うことがあるかもしれません。
  • しかし、アイディアや設定が一部似ているだけでは盗作(著作権侵害)ではありません。
  • まず著作権では保護されていないものがあることを知っておきましょう。
  • たとえば以下のような場合は、著作権侵害とは言えません。

  • ○他の作品と設定が似ている、または同じ
  • ・時代背景
  • ・登場人物の関係性:先生と生徒、兄妹、幼なじみ等
  • ・状況:ひとつ屋根の下での生活、暴走族のお話、甘々、S彼等

  • ○他の作品と同じ名前の登場人物がいる
  • ・登場人物の全てが同一の場合は、著作権違反になる場合があります。

  • ○他の作品とタイトルが同じ
  • ※著作権的に問題がなくとも、他の法律により違法とされることがあります
  • ・歌詞のタイトルと同じ
  • ・他の小説のタイトルと同じ
  • ・他の漫画のタイトルと同じ 等

  • 実際に盗作(著作権侵害)だった場合、著作権侵害を主張出来るのは著作権者ご本人となります。
  • もしも、著作権侵害じゃないかと疑問を思ったら、まずは元になる作品(オリジナル作品)の原作者や出版社へ確認して下さい。
  • 著作権侵害は権利者の方が主張出来るものであって、第三者が安易に自己判断で著作権侵害であると決め付け、創作者(著作権者)に抗議を行なうのはトラブルの原因となりますのでお控え下さい。

  • 詳しくは「創作と盗作について」をご確認下さい。
  • 読む人も書く人もお互い気持ちよいコミュニケーションを心がけて下さい。

  • BOOK(小説)の感想を書く前に」の注意事項も一緒に読んで理解して下さい。