日本最大級のガールズポータルサービス

ユーザーサポート内検索

規約とルール

著作権Q&A

Q.アーティスト名や曲の歌詞を掲載してもいいの?

  • 著作権のある歌詞を掲載する場合は、著作権者の承諾が必要です。
  • 例えば、主人公が口ずさむ歌詞等に使う場合も許諾が必要です。
  • 日本で流通している楽曲と歌詞のほとんどは、(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)という団体が管理しています。
  • 自分の作品の中に他人が創作した歌詞を利用する場合には、JASRACから利用許諾を得る必要があります。
  • 曲名アーティスト名そのものは著作権法では保護されていませんが、アーティストのイメージを壊してしまう内容であれば、場合によってそのアーティストから連絡があることがあります。


Q.既存の曲をテーマに小説を書いてもいいの?

  • 小説の内容として、歌詞をなぞるようにして歌詞の一部を流用する場合等は著作権侵害となります。
  • 好きな歌詞から想像したオリジナルの小説は著作権侵害にはなりません。


Q.小説の登場人物にアニメの登場人物の名前を使用してもいいの?

  • 氏名そのものには著作権はありません。
  • 氏名や特定のキャラクターの設定を使用した場合は二次的著作物と受け取られる可能性があります。
  • 著名なキャラクター名のご使用はお勧めしません。


Q.小説に固有名称を出していいの?

  • 小説で実在する名称等を使う事は著作権侵害にはなりません。
  • 実在の団体等について名誉や信頼を損なう内容、実話系小説でその団体・企業で働く人を特定出来るような内容の小説を書いた場合は、名誉やプライバシー侵害等の権利侵害になることがあるのでご注意下さい


Q.すでにある漫画等に設定が似てるけど?

  • 設定が似てる、アイディアに触発された、偶然の一致等の場合は、著作権侵害に該当しません。
  • 作品のセリフや登場人物名のみ変更してコピーされた内容等は著作権侵害に該当する場合があります。
  • また、著作権侵害を主張出来るのは著作権者本人です。
  • 閲覧した作品があきらかな盗作と思ったら、まず著作権者へ連絡して下さい。
  • それを受けた著作権者が著作権侵害と認めた場合は、著者権者がその問題の作品に対して何らかの申し入れをすることになります。


Q.文章の引用はやっていいの?

  • 著作権物を引用することは出来ますが以下の要件を満たす必要がありますのでご注意下さい。
  • 1.引用する著作物が「公表」されていること
  • 2.引用が公正な慣行に合致すること
  • ※原則として、著作物の題号、著作者名等の出所明示をすること
  • 3.引用がその目的上正当な範囲内で行われたこと
  • ※「正当な範囲」とは以下となります。
  • ・引用して利用する側の著作物と引用されて利用される側の著作物を明瞭に区別出来ること
  • ・引用して利用する側の著作物が主、引用されて利用される側の著作物が従の関係にあること
  • 著作物を引用する場合は、特に著作者の同一性保持権を侵害することがないよう(意に反する改変をしない)注意して下さい。


Q.友だちから送られてきたメールの内容を載せてもいいの?

  • 友だちのメールの内容はその友達に著作権が発生している場合があるばかりでなく、プライバシー権を侵害する可能性があります。
  • 友だちから許諾をしてもらえば大丈夫だと思いますが、あまりお勧めしません。


Q.有名人の画像を掲載してもいいの?

  • 有名人の画像を無断でホームページに使用することは肖像権の侵害になります。
  • 肖像権を侵害された人は、侵害行為を行っている人に対して、損害賠償請求と差止請求をすることが出来ます。
  • 魔法のiらんど内で無断に有名人の画像を掲載している場合は、管理者、著者の許可なく削除する場合があります。


Q.自分で作成した画像(写真等)をホームページに載せてもいいの?

  • お客様ご自身で作成された、または撮影した画像はお客様ご自身に著作権があります。
  • 被写体に他人、または著作権を有する著作物等が写っている場合は、著作権者から許諾が必要で、肖像権への配慮も必要です。


Q.元画像・動画・音楽等加工したものを公開してもいいの?

  • 他人が作成した画像・動画・音楽等は勝手に加工して掲載すると著作権侵害となります。


Q.友だちが一緒に写ってる写真やプリクラは掲載していいの?

  • 友だちに肖像権がありますので、許可を得れば掲載しても大丈夫です。


Q.自分の写真を掲載しても大丈夫?

  • 【1】「自分が撮った写真」の場合
  • 写真の著作権は撮影した本人が著作権者になりますので、問題ありません。
  • 被写体に絵等の著作物が写っている場合は、著作物の著作権者から許諾を得る必要があります。
  • 【2】「自分が写っている写真」の場合
  • 写真を撮影した人が写真の著作権をもっているので、その人の許諾を得る必要があります。


Q.素材屋さんで貰ってきた素材(画像やフリーソフト)を使うのに気をつけることって?

  • フリー画像等を配布しているサイトの規約で、商業的な利用を禁止する等利用の条件が制限されている場合があります。
  • 素材を利用する場合は、どのような範囲で使用することが出来るか、確認して下さい。


Q.著作権が切れた著作物を使ってもいいの?

  • 著作権は著作物が創作された時から死後50年(映画の著作物は公表後70年)で保護期間が終了するのが原則です。
  • その後は、公表されていない著作物を勝手に公表したり、著作者の感情が害されると考えられる改変を行うこと等をしなければ、著作権が切れた著作物を自由に利用することが出来ます。
  • クラシック音楽のCDを使う場合等は、楽曲等の音楽の著作権は切れていたとしても、その楽曲を演奏した演奏家等の著作権は存続している場合があります。
  • この場合は、レコード会社等に承諾を得る必要があります。


Q.拾ってきた動画を載せてもいいの?

  • 他のサイトに載っていた動画に関する全ての著作権者から許諾を得れば、載せて問題ありませんが、動画に関する著作権者は複数いる場合がありますので、載せないことをお勧めします。


Q.著作権法に違反したときの罰則は?

  • 著作権法に違反した場合、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、またはこの両方が科されます。
  • (著作権法119条)
  • また、刑事罰だけでなく、著作権者から損害賠償を請求されることもあります。


Q.著作権で保護されないものって?オリジナルとして著作権で保護されるもの

  • 偶然に同じような作品を創作することがありえますが、それらは別々に著作物として保護されます。
  • ※まったく面識も無い人が、既存の著作物にまったく依存しないで、それぞれに創作した作品が偶然に一致している場合です。

Q.著作権のないもの

  • 1)小説や歌のタイトルには、著作権がありません。
  • ※小説のタイトルが楽曲のタイトルと同じであっても、盗作にはなりません。

  • 2)著作権が切れたものを使用しても著作権侵害にはなりません。


Q.二次創作はしてもいいの?

  • 他のクリエイターの著作物を原作として、二次著作物を作成する場合、原作者の著作権は二次著作者の著作権と同様の権利を持ちます。
  • 二次著作物を作成するに当たっては、元になる著作権者の許諾を受けることが必要です。